教育活動

Our Unique Education Programs

特色ある教育プログラム

小学部と中学部の教育プログラム

パース日本人学校は小学部、中学部の児童生徒たちが、日本の文部科学省学習指導要領に準拠する同等のカリキュラムで学んでいます。

英語教育

パース日本人学校では、日本人の英語習得における弱点や傾向を熟知した経験豊富なネイティブ講師と日本人の英語教員が、個別の実力に合わせた英語教育を行っています。日本の小学校で行われている英語活動・英語とは異なり、小学生にもきちんとフォニックス・文法を習得させます。各学年での週あたりの英語学習の時間は以下の通りです。

小学部1・2年生・・・週3時間の英語授業(ELS)

小学部3~6年生・・・週4時間の英語授業(ELS)+週1時間のオーストラリア学習(英語での授業)

中学部・・・・・・・・週4時間の日本の学校カリキュラムに基づく授業

           +週4時間の英語授業(ELS)+週1時間のオーストラリア学習(英語での授業)

英語検定

日本帰国後の進路選択において、英語学習の実績を示すために毎年1回実施しています。

2023年度合格者:2級・・・4人、準2級・・・3人、

         3級・・・3人、4級・・・・2人、5級・・・1人

経験豊富な教師陣

パース日本人学校では、日本での教員経験を積んだのちに豪州へ移住し、パースでの子育て経験にも富んだ教師や、最新の日本の教育事情に詳しい文科省から派遣された教師がそれぞれの利点を活かし、子どもの実態に応じた授業を展開しています。中学校では主要教科は全て教科専門教員が担当し、日本の学校と変わらない教育を提供しています。

少人数制ならではのきめの細かい指導

パース日本人学校では、小規模校ならではのきめの細かい指導を行っており、学習指導や 生活指導、生徒指導にも力を入れています。日本および現地校からの転入の際もChallenge Timeや補講を行いながら、学習へのスムーズな適応を図っています。

Challenge Time

木曜日7時間目の時間を利用して、Challenge Timeを実施しています。

実践的な進路指導

中学受験や高校受験に対して、それぞれ中学の教員が的確な指導を行います。帰国生入試に対しても、正しい情報提供や進路指導を行っています。

学力レベルの把握と対策

漢字検定:日本国内に勝るとも劣らない国語教育を展開している本校では、漢字検定の受験をし、漢字力の把握を行います。テスト前には練習・復習を繰り返し、漢字を確実に覚えて書き方・読み方などを身に付けます。

充実したオーストラリア理解や体験プログラム

総合的な学習で学ぶ「オーストラリア学習」、パース近郊での社会科見学、現地校との合同運動会、キャンプ、南極観測船しらせ乗船見学(2023年現在行っていません)など、パース日本人学校ならではのオーストラリアを体験するプログラムがあります。

Our Activities

ユニークな学校行事